修理が必要?キッチンの水漏れパターンは?

修理が必要?キッチンの水漏れパターンは? 水回りの中でもキッチンは日常生活で使用頻度の多い箇所です。使用する頻度が多ければ、どうしても水漏れなどのトラブルが生じやすくなります。このページでは、キッチンの水もれ現象にはどのようなものがあって、どうやって修理すればいいのかについて説明します。






■排水トラップが原因で修理が必要に

キッチンの水漏れの中でも多いのが、シンクと排水トラップのつなぎ目の所で起こるものです。この接続部分にはゴムパッキンが使われています。このゴムパッキンは経年劣化するものです。使い方などによっても差が生じますが、だいたい10年から15年も経過すれば劣化が進み、交換が必要になると思った方がいいでしょう。もしゴムパッキンが劣化すると、つなぎ目に間が空き、ちょろちょろと滴り落ちるようにして水漏れが発生します。症状がひどくなってくると、ポタポタ水が垂れてくるような感じになります。ひどくなると床の部分が水たまりのような状態になってしまいます。床の部分が水たまりのようになってびっくりして、修理業者に連絡するというパターンは多くみられます。このゴムパッキンですが、ホームセンターでも購入することができ、自分で排水トラップ部分のねじを外して交換し、修理することも可能です。ただしこのゴムパッキンはシンクによってサイズが異なりますから、自分の家にあったものを購入しなければなりません。

■排水パイプが原因で水漏れが起きるパターン
排水トラップから排水管につながっている塩ビ管もしくはビニールの管のことを、排水パイプといいます。この排水パイプの部分で水漏れの起きるパターンもあります。塩ビ管を使っている場合には、途中にゴムパッキンで繋がっている箇所があります。先ほどの排水トラップの時と同じように、このゴムのパッキンが傷んでしまうと水漏れが起こるようになります。この場合でも、ポタポタ水が滴るようになって、しばらく放置していると床に水たまりができます。こちらのトラブルの場合、ゴムパッキンの取り替えをすれば症状改善も十分可能です。
排水ホースはビニール製なので、素材が劣化することで簡単にひび割れが入ってしまいます。もし長年同じホースを使っている場合、亀裂の入っている可能性がありますからチェックしてみましょう。特に10年以上同じものを使い続けていると、亀裂の入る可能性が高いです。ちなみに湿気の高い環境の方が、亀裂が早めに起こりやすいので注意しましょう。中にはぱっくりホースが途中で折れてしまうケースもあります。すると大量の水が出てきてしまって、水たまりができてしまいます。このような場合には速やかに修理業者に相談するのがおすすめです。

■蛇口から水漏れが起きていませんか?

ここまで排水部のトラブルについて紹介しましたが、そのほかの部分で問題が発生していることも想像できます。その中でも多いのが、蛇口部における水漏れです。蛇口は給水管と繋がっているのですが、ナットの取り付けられている内部でゴムパッキンが使われています。
このゴムパッキンが劣化すると、ポタポタ水が滴り落ちることがあります。また近年の住宅を見ると、シャワーホースが付いているキッチンもみられます。シャワーホースを頻繁に出し入れしていると、ホースに亀裂の入ってしまう恐れがあります。その結果、水が漏れだすこともありえるので注意しましょう。

■まとめ
このようにキッチンの水漏れといっても、どこで発生するかはケースバイケースです。まずはどこで問題が発生しているか確認することです。ゴムパッキンの取り替えであれば、自分でできるかもしれません。しかし心配であれば、修理業者を速やかに呼んで問題を除去してもらうことです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース