キッチンの水漏れで修理業者に依頼したほうがいいケース

キッチンの水漏れの中には、自分で修理できるトラブルもあります。例えばパッキンが劣化している場合、ホームセンターで新しいパッキンを購入して交換することも可能です。しかし一方で水漏れのトラブルの中には、給湯器 修理など専門の修理業者でないと解決できない問題もあります。

■長期使用していると寿命の可能性が

キッチンの水漏れの中には、経年劣化してもはや寿命が来ている可能性もあります。キッチンの水回りの部品の場合、早ければ10年、長くても15年以上同じものを使い続ければ寿命が来ているでしょう。
このような場合には、新しいものを交換する必要があり、修理業者にお願いしたほうがいいです。寿命の近づいているキッチンの場合、部品を交換して一時的に症状がやんだとしてもまた再発する可能性が高いです。

■修理業者にお願いする際には止水栓を止めること

キッチンで水漏れが起きているけど、どこに問題があるか原因がわからなければ、止水栓を閉めておきましょう。止水栓を止めれば、水の流れが収まります。そうするとキッチンでそれ以上水漏れが悪化することはありません。
特にポタポタ大量の水漏れが起きているのであれば、止水栓を止めてしまうのがおすすめです。止水栓がわからなければ、水道の元栓を閉めてしまうのも一つの方法です。

■まとめ
ホームセンターには水漏れの修理器具やパーツも豊富にラインナップされています。ですからちょっとしたトラブルであれば、自分で修理できるかもしれません。しかし自信がなければ、速やかに修理業者に相談することです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ