シンクの水漏れには二次被害も?早めの修理を

キッチンのシンクで水漏れが起きているのであれば、早めに修理することが大事です。というのも水のトラブルをそのままの状態で放置してしまうと、以下で紹介するような二次被害を引き起こす可能性があるからです。

■カビなどが発生しやすくなる

キッチンの水漏れを修理することなくそのまま放置していると、戸棚の中の湿度が上がってしまいます。そのままの状態が続くと、鍋や中に入れている食器などにカビが発生しやすくなります。ある時戸棚を開いてみたところ、カビ臭くなっていたのであれば、水漏れの修理を早急に行うべきです。
特にアルミシートをしている家庭も多いでしょうが、この場合その下がカビだらけになっている可能性もあります。さらに濡れた状態が続くと、腐食が進んでリフォームをする必要も生じるかもしれません。

■集合住宅の場合階下への影響も

マンションやアパートで暮らしている場合、水漏れを修理せずに放置していると階下の天井まで濡らしてしまう恐れがあります。ここまできてしまうと、修理するにあたって、大掛かりな工事が必要になってしまいます。
しかも階下の住人にも迷惑をかけてしまうことになり、場合によっては隣人トラブル、賃貸の場合退去するように求められる可能性も否定できません。

■まとめ
水漏れの修理を依頼するのが面倒だと感じる人もいるでしょう。しかし水漏れはそのまま放置していても、よくなることはなく、むしろ被害が大きくなるだけです。速やかに修理業者にお願いして、適切な処置を依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ